京都の中古マンション デザインリフォーム・リノベーションをご提案【参考費用・実例が豊富】

0800-888-6406
メールでのお問い合わせ
現在の位置 : ホーム > リノベーションの基礎知識 > マンションの収納について

マンションの収納について

リノベーションをお考えの際に「収納を多く」というご要望をお持ちのお客様がたくさんおられます。
しかし、その収納本当に必要ですか?

収納とは「モノが使われる状態にして、すぐに取り出せるようにしまうこと」
収納=片付けることとはちょっと違います。

では、「整理」「収納」「整頓」「片付け」の違いから確認してみましょう。

「整理」「収納」「整頓」「片付け」用語説明・違い

  • 「整理」いるものといらないものを分け、不必要なものを捨てること。
  • 「収納」使いやすい所に使いやすく収めること。
  • 「整頓」物事を整った状態にすること。
  • 「片付け」使ったものを元の定位置へ戻すこと。

つまり、収納するには整理をしてからでないとできませんし、元に戻す定位置が決まっていなければ片付かないということです。

収納はただスペースをつくるのではなく、どこでどう使いたいか、何をどれくらい収納したいかを考えていく必要があります。

収納計画

お家全体の広さの中で、収納をどれくらいとたらいいのかを悩まれると思いますが、一般的に収納率は8%~15%になります。

この中には持ち込みのタンスや食器棚は含まれていませんので実際の収納率はもう少しあります。これはあくまでも目安になりますので全体のボリュームなどの条件によって違いが出ます。

収納スペース 確認ポイント

大きい家具、家電、ピアノ、お雛様など、使い方、場所、大きさをお聞きしてプランします。

  • スペース
    収納する物の寸法確認
    収納スペースは広さの確保だけでなく、家具や収納するモノの大きさや量を考えましょう。
    開閉寸法
    扉や引出しの開閉に必要な寸法も確認しましょう。
  • 開口部
    出入口周りの寸法確認
    実際に家具やモノが入るか、周辺のスペースを考慮しましょう。

タンスの寸法 参照
整理タンス 幅900・1050・1200×奥行450mm
和タンス  幅1050・1200・1350×奥行450mm
洋服タンス 幅900・1050・1200×奥行600mm

収納する物の奥行 参照
本 240mm
靴箱 350mm
段ボール箱 450mm
衣装ケース 420(幅720)mm
洋服 600mm
布団 700(幅1200)mm

以上、収納についてでした。
皆さんも一度収納について考えてみて下さい。

京都・滋賀のマンションリフォーム・リノベーションについてお問い合わせください 0800-888-6406 メールでのお問い合わせ
施工事例
リアルレポート
イベント情報
よくあるご質問
スタッフ紹介
ショールームのご案内 住宅設備の見学に
注目の団地リノベーション
キッチン・お風呂リノベーション
住宅設備コミコミコーナー お得なパックプラン 商品+工事費込
リノベーションの基礎知識
京都府・滋賀県 施工実績マンションリスト一覧
多田っちのほのぼのブログ
facebook リノベ情報をお届け
INFORMATION サンコウホームのスマイル情報局 〒607-8064 京都市山科区音羽八ノ坪36-7 0800-888-6406 075-582-9888 075-595-2060 アクセスマップはこちら
京都の一戸建て 全面リフォーム サンコウホームのスマイル情報局
京都の外壁・屋根リフォームまもり隊
サンコウホームの新築一戸建て
買うリノベーション カウリノ
このページのトップへ